ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールエンタ(エンタメ) > 【TV】1960年代のアメリカスタイルそのままに恩納村に佇むドライブインの悲喜こもごも

【TV】1960年代のアメリカスタイルそのままに恩納村に佇むドライブインの悲喜こもごも

2015年6月14日

S01-001

NHK総合では、6月19日(金)に「ドキュメント72時間」で、「沖縄 追憶のアメリカン・ドライブイン」と題して、沖縄・恩納村(おんなそん)で24時間営業するレストラン「シーサイド ドライブイン」にスポットを当てる。

「シーサイド ドライブイン」は、1967年にオープンして以来、沖縄で最初のドライブインレストランとして親しまれている。ステーキ、ハンバーグ、カレーなどの洋食をはじめ、とんかつ、うなぎなどの和食、酢豚、チャーメンなどの中華、単品メニューと、24時間365日変わらぬスタイルで営業を続けている。名物の「ホームメイドスープ」(190円)は、老若男女問わず人気が高い。

S02-001

ジュークボックスから流れるオールディーズ、おばぁがステーキを頬張り、米兵がフライライスをかきこむなどが日常のシーンとして溶け込んでいる。占領時代に米兵相手に始まり、今も1960年代のアメリカそのままの懐かしい風景が繰り広げられている。

S03-001

ベトナム戦争時に台湾から渡ってきた人や、恋人を追いかけアメリカへ渡った女性、時代のうねりとともに生きてきた沖縄の人々のソウルフードから、人間模様を綴る。

S04-001

「ドキュメント72時間『沖縄 追憶のアメリカン・ドライブイン』」
2015年6月19日(金) 22:55~23:20 NHK総合にて放送

「シーサイド ドライブイン」公式サイト