ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールエンタ(エンタメ) > 【音楽】家族4人が歌う沖縄の“心の唄”がリリース!

【音楽】家族4人が歌う沖縄の“心の唄”がリリース!

2015年8月6日

具志堅ファミリー_group_小

沖縄・本部町出身の父母、三女、四女の4人で活動する具志堅ファミリーが、7月22日、新曲「マジムンの唄」をリリースした。

具志堅ファミリーは、沖縄を拠点に活動する4人組の音楽ユニット。父・哲が三線&ギター、母・ムツ子、三女・シオン、四女・ホサナがボーカルを務める。

マジムンの唄ジャケ

新曲のタイトルにもなっている「マジムン」は、沖縄や鹿児島・奄美群島に伝わる悪霊の総称。同曲は、沖縄・那覇市の国際通りにオープンした「沖縄おもろおばけ屋敷」のテーマ曲。沖縄の県花・でいごの花言葉である「愛」をテーマに、3人の優しい歌声が心に響くバラードとなっている。

カップリングの「羽衣の詩」は、宜野湾市に伝わる「はごろも伝説」をベースにした宜野湾市の観光PRソングを収録。

両曲ともに、真夏の沖縄のドライブに最適な、爽やかでハートフルな仕上がりとなった。

「マジムンの唄」
発売中 1,000円(税込) よしもとアール・アンド・シー

具志堅ファミリー公式サイト