ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールエンタ(エンタメ) > 【フリーマガジン】jimamaが歴代の名曲について語る!

【フリーマガジン】jimamaが歴代の名曲について語る!

2016年12月3日

21_cover_moto_2

“沖縄のアーティストがアテンドする沖縄音楽旅行本”として刊行を続けているフリーマガジン「沖縄音楽旅行」の第21号が発刊され、現在、配布中。

「沖縄音楽旅行」は沖縄県内の音楽シーンで活躍する幸田悟氏がプロデュースするフリーマガジン。幸田氏は自らミュージシャンとしても活動する傍ら、「沖縄音楽旅行」だけでなく、webマガジン「沖縄LOVEweb」のプロデュースをはじめ、沖縄県内の音楽シーンを盛り上げるべくさまざまなシーンで活躍している。

そんな幸田氏の活動の1つである「沖縄音楽旅行」では、県内出身のアーティスト情報はもちろん、インタビュー、沖縄県民が愛する音楽などを紹介している。

今号の表紙は、2017年の干支にちなんで「酉」がモチーフ。「鳳凰が羽ばたき、沖縄を見守る。素晴らしい一年になりますように」という、幸田氏のメッセージが込められている。

巻頭の「100 OKI SONG」は、宮古島地域を代表する民俗芸能集団舞踊「クイチャー・ブドウイ」をピックアップ。神々への祈りを捧げるために生まれた宮古の民謡だが、時を経て、宮古唯一の娯楽踊りとして発展してきた。

21_pm01

民謡歌手・掘内歌奈子が沖縄の歌碑を巡る「MUSIC JOURNEY」は、本島南部・南城市の「手水の縁(てぃみじぬいん)」の歌碑を訪問。掘内が純愛を謳った歌詞に想いを馳せる。

ミュージシャンインタビューでは、現在、沖縄県教育委員会の「家(や)-なれー運動」のテレビCMで耳にすることが多いjimamaの新曲「私の中のあなた」を紹介。デビューシングル「街」から「空へ」「大丈夫」など歴代の名曲について言及している。

21_pm02

そして、2017年1月25日(水)に記念すべきファーストアルバム『AVES』をリリースする夫婦ユニット・Relaxin:Kitchenが登場。東日本大震災で沖縄に移住後に夫婦でユニットを結成し、5オクターブの声域を持つ妻のciucoと、ギタリストである夫・Ta-ke Segundoによる夫婦ならではの息の合ったグルーブ感が心地良い音空間をつくり上げる。

ほか、ライブツアーを展開中のMONGOL800、女性シンガー・Manamiらが登場する。

今号も沖縄の音楽の今が詰まった1冊に仕上がっている。

「沖縄音楽旅行」(Vol.21)
2016年11月15日より配布開始
仕様:サイズA5版(タテ210mm×ヨコ158mm)
ページ:30ページ/カラー:4色
設置店:CDショップ、カフェ、アパレルショップ、ライブハウス、
土産品店、リゾートホテル、県外わしたショップなど約200店舗

「沖縄LOVEweb」公式サイト