ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールグッズ(グッズ) > ホテルマハイナでオリジナルのぜんざい&かき氷を発売中

ホテルマハイナでオリジナルのぜんざい&かき氷を発売中

2022年8月13日

うちなーぜんざい

沖縄・本部町(もとぶちょう)のリゾート「ホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ」は、「食べられるおからスプーンPacoon(パクーン)」で食べる「うちなー(沖縄)ぜんざい&かき氷」を期間限定で発売する。期間は、9月24日(土)まで。

今回発売するぜんざいとかき氷は3種類。沖縄のぜんざいは、黒糖で甘く煮た金時豆に白玉とたっぷりのかき氷をのせるのが一般的。今回の「うちなーぜんざい」(550円、税込)では昔ながらの窯焚き製法で作る深いコクが人気の本部町にある「西平黒糖」の黒糖をブレンドして作ったマハイナオリジナルぜんざい。ビタミンとミネラルたっぷりの黒糖が夏の疲れた身体を癒やしてくれる一品だ。

「うちなーパインかき氷」(800円、税込)は沖縄県産のパイナップルのみを使用した氷を使い、ひんやりとした甘酸っぱくてスッキリした味わいに。キャラメリゼしたカットパインと細かく刻んだパインの果肉がジューシーで爽やかな味わいとなっている。

うちなーパインかき氷

「うちなータンカンかき氷」(800 円、税込)は沖縄県産のタンカンから作った100%果汁の氷を使用している。キャラメリゼしたオレンジとヨーグルトソースがアクセントとなり、素材の純粋な甘さを堪能できる。

うちなータンカンかき氷

「うちなーパインかき氷」と「うちなータンカンかき氷」はテイクアウトを利用してプールサイドで食べることもできる。

今回のポイントは、それぞれのぜんざいとかき氷に“おからスプーン”が使われていること。「ホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ」を運営する前田産業ホテルズでは、現在、SDGsに力を入れていて、地元・名護市をはじめ、やんばると呼ばれる沖縄北部を中心に沖縄の地域社会に貢献することを目指している。その中で、やんばる出身の崎濱花鈴氏が代表を務めるOkaraokara の活動・取り組みに感銘を受け、協業する運びとなった。

おからスプーン

おからスプーンは、そのOkaraokaraと勤労食が、島おからPACOON の共同開発したおからパウダーをクッキー生地の中に練り込んで焼き上げたスプーン型クッキー。スプーンとして利用した後は食べることもできる。

沖縄の暑い夏をマハイナオリジナルのうちなーぜんざいとかき氷で涼もう。

「うちなーぜんざい」
2022年7月15日(金)〜9月24日(土) 17:00〜22:00(L.O.21:00) 550円(税込) 沖縄・本部町「ホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ」1階「ラウンジ&BAR カラハイ」にて販売

「うちなーパインかき氷」
2022年7月15日(金)〜9月24日(土) 17:00〜22:00(L.O.21:00) 800円(税込) 沖縄・本部町「ホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ」1階「ラウンジ&BAR カラハイ」にて販売

「うちなータンカンかき氷」
2022年7月15日(金)〜9月24日(土) 17:00〜22:00(L.O.21:00) 800円(税込) 沖縄・本部町「ホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ」1階「ラウンジ&BAR カラハイ」にて販売