ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールズ紹介(イベント) > 沖縄のクリエイター14組が創作した新作絵本を一堂に展示

沖縄のクリエイター14組が創作した新作絵本を一堂に展示

2017年11月26日

沖縄・那覇市の沖縄県立博物館・美術館では、12月1日(金)から、「My Piece Art Project Presents『小さな絵本展 vol.8』」が開催される。期間は、12月3日(日)までの3日間。

「小さな絵本展」は、沖縄在住の14組の作家が、「想うコト」「伝えたいコト」「大切なコト」をテーマに、自由に創作した絵本を紹介する展示会。

「火と水」氏は、ネコをモチーフに色と動きを絵で表現。Misao氏は、いろいろな国の人、文化や自然に刺激を受けつつ、自由気ままに本能のまま感じるままに絵を描いた。

また、yorix氏は、その場の空気感が伝わるような風景などの写真をモチーフにした作品を創作。いち氏は、筆文字を活かして言葉と絵本の創作を。

Ru_SAKUMOTO氏は、機材や機材性能に拘らずにその場の感情・空間の記憶・空気感を写真の中に込めて表現。Miya氏は、五感で感じるモノ、日々の生活の中や旅先で出合うモノを自分らしく描いて表現した。

キジムナ前津氏は、精霊・キジムナーをモチーフに、個展やグループ展ライブペイント絵本を紹介。kaguya氏は、日常にある名前のない感情をファンタジーに創作した。

tokutomo氏は、沖縄が大好きな子育て母からのメッセージ作品を制作。グラフィックデザイナー・崎山幸郎氏は、透明水彩を使って見えないモノや見えているのに見えないモノを創作した。

さくちか氏は、空想世界を、オイルクレヨンで創作。デザイナー・Römell氏は、画材や手法に捕らわれず、自由な作風で表現した。

イラストレーター・ウエズタカシ氏は、シンプルでユーモアのあるイラスト作品を。そして、琉球イラストレーションを生み出す与儀勝之氏は、宇宙と生命を結ぶ作品を発表した。

会場では展示のほか、美術館売店で絵本の販売があるほか、先着で作家14人による「絵本のようなカレンダー」をプレゼント。

沖縄のクリエイターたちによる新作絵本の共演を楽しもう。

「My Piece Art Project Presents『小さな絵本展 vol.8』」
2017年12月1日(金)~12月3日(日) 9:00~20:00(日は9:00~18:00) 入場無料 沖縄・那覇市「沖縄県立博物館・美術館」内「ギャラリー2・3 県民ギャラリースタジオ」にて開催