ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールズ紹介(イベント) > バンタカフェ初イベントは「海辺のやちむん市」

バンタカフェ初イベントは「海辺のやちむん市」

2020年10月16日

沖縄・読谷村(よみたんそん)のカフェ「星野リゾート バンタカフェ」では、現在、毎週土曜日と日曜日に、沖縄の焼き物「やちむん」をテーマにしたイベント「海辺のやちむん市」を開催中。期間は、11月29日(日)まで。

「海辺のやちむん市」は7月にオープンした同カフェで行う初めてのイベント。GoToトラベル事業の地域共通クーポンの利用に合わせて、「読谷村やちむん市実行委員会」の協力を得て実現した。屋外を中心にした開放的な同カフェの特徴を生かし、読谷村で活躍するさまざまなやちむんの工房が出店する。

海辺のテラス

海辺のテラス

自然や大地をテーマに伝統的な良さと素材の魅力を生かした器を手掛ける「陶器工房壹(いち)」は、沖縄を代表する陶芸家・大嶺實清(おおみね・じっせい)氏に学んだ壹岐幸二(いき・こうじ)氏が1996年に設立した工房。バリエーション豊富な作品は、隣接する「星のや沖縄」の客室やダイニング、オールーグリルでも使用されている。

「陶器工房壹(いち)」

また、読谷村・渡慶次(とけし)の「てぃぬひら工房」も出店。「てぃぬひら」は沖縄の言葉で「手のひら」を指し、壼屋焼のおおらかさに引かれた山田和男氏が1983年に設立した工房。伝統的な技法にこだわりすぎず、自分らしい表現を使うことを大切にした作陶が並ぶ。

海辺のテラス

海辺のテラス全景

大屋根デッキ

期間中は、崖の上の高台から浜辺へと続く散策路にある「海辺のテラス」に、1日4~6の工房が自慢のやちむんを並べる。海からの風が通る開放的な場所で、お目当ての器を見つけよう。

「海辺のやちむん市」
2020年10月10日(土)~11月29日(日)の毎週土曜・日曜 11:00~16:00 入場無料 沖縄・読谷村「星野リゾート バンタカフェ」内「海辺のテラス」の一角にて開催
※1回の出店は4~6店舗を予定。荒天中止