ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールズ紹介(イベント) > キヨサクのあの泣ける名曲が一夜限り生歌で配信!

キヨサクのあの泣ける名曲が一夜限り生歌で配信!

2020年12月21日

沖縄を拠点に活動するバンド・MONGOL800のキヨサクは、12月26日(土)、JTの企業広告「想うた」シリーズの楽曲を生で歌う一夜限りのオンラインイベント「想うたLIVE ONLINE」を開催する。

JT は2018年から、大切な人への“想い”を“うた”にのせて届ける企業広告「想うた」シリーズを展開している。

親、愛する人、仲間、同期、姉妹、夫婦などの身近な人たちへの思いについて、“人が人を想うとき、それはすべてうたになる”というテーマで各編に書き下ろされた「想うた」の楽曲は、心地よいメロディと共感を呼ぶ歌詞から、20代を中心にSNS上で多くの反響を呼んでいる。

俳優・北村匠海演じる主人公は、東京の商社に勤める新入社員の村上優人。親や恋人、友人といった身近な人を想う大切さを“うた”と共に描いている。

今回のライブでは、YouTubeで500万回以上再生された「想うた」シリーズ全6編を振り返りながら、寄せられた思いをキヨサクらが歌う「想うた」と共に大切な人へ届ける、ライブと連動したメッセージ投稿企画を予定している。

キヨサクは「受け取る側の原動力で企画が動き始まるのはまれで、作り手としてはこの上ない喜びです。第1弾〜第3弾と『想うた』シリーズの始まり、土台となる形を二人三脚で作ってくれたヨースケ@HOMEの支えがなければ『想うた』シリーズは続けられなかったと思います。セッションの中に残る彼のミュージシャンとしての類稀なるセンスや息吹を垣間見て、感じることができるので、『想うた』として作品が残るということ自体が彼と音楽を楽しんだ軌跡、思い出そのものになっています」と振り返った。

さらに、「『想うた』配信LIVEも企画しています。素晴らしいゲストミュージシャンを交え『想うた』の世界観が伝わるように、特別な時間を楽しんでもらえるよう頑張りたいと思います。第5弾で歌唱を担当してくれたシンガー・thea(テア)の初お目見えライブにもなるのでぜひぜひお楽しみに!」と見どころを語った。

一方、theaは「『想うた』を歌わせていただけることがうれしくもあり、不安もあり…。そんな中、YouTubeやInstagramのコメントで『想うた好き!』『このCM好き!』とか『感動した、泣けた、共感した、励まされた』など、そういう言葉が本当に温かったです。音源化やライブを心待ちにして下さっている方も多かったようで、そのお声に応えられるこの配信ライブという機会に参加させて頂けることがうれしいです」と喜びを表現。

そして、「『距離があっても今の時代はすぐにつながるいつでもどこでも』『でも本当は本当の本当は会いたい時にすぐに会いたい』という『愛する人を想う』篇の歌詞に励まされ、また深く共感しています。そして、こんな時代だからこそ、私の歌も誰かに寄り添うことができたらと願っています。キヨサクさんに出会ったこと、素晴らしい作品に参加させて頂いたこと、それから、想うたへの皆さんの優しいコメントに触れて、今まで歌うことを好きでいて良かったと心から思えました」とコメントした。

一夜限りの貴重な歌声をしっかりと受け止めよう。

「想うたLIVE ONLINE」
2020年12月26日(土) 21:00〜22:00(※約60分間想定)
出演者:キヨサク、theaほか
参加(視聴)費:無料
視聴用URL:https://www.oricon.co.jp/special/2020/omouta/?refcd=dd-omoutalive

「想うた」
アーティスト:V.A【キヨサク(MONGOL800)/thea】
発売日:2020年12月24日(木) 2,000円(税別)