ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールズ紹介(イベント) > 三重城の歴史を五感で楽しむ「三重城の夕べ」が開催

三重城の歴史を五感で楽しむ「三重城の夕べ」が開催

2021年10月18日

沖縄・那覇市のホテル「ロワジールホテル 那覇」では、11月22日(月)と11月23日(火・祝)の2日間、三重城(みーぐすく)の歴史を五感で楽しめるイベント「三重城の夕べ」を開催する。

「ロワジールホテル 那覇」に隣接している「三重城」は、琉球王朝時代、諸外国と琉球を結ぶ玄関口として、旅立つ人々の無事を祈願する遥拝の地であり、今も地域の人々に大切にされている。

「三重城の夕べ」は、そんな三重城を知ってもらおうと企画されたイベント。琉球・沖縄の歴史文化をさまざまなメディアを通して発信しているタレント・嘉数仁然(かかず・ひとさ)氏の脚本による三重城にちなんだ歴史演劇「1719~龍球の記憶~」と、琉球料理人伝承人によるディナーを楽しめる2日間限りの特別な夜となる。

「1719~龍球の記憶~」は、FECオフィスのタレント・知念だしんいちろうやお笑いコンビ・パーラナイサーラナイらが演じる三重城にちなんだ歴史演劇。嘉数の手にかかれば琉球や沖縄の歴史が楽しく学べるだけあって、どんな演劇に仕上がっているのか楽しみだ。

食事は、松本料理学院・松本嘉代子学院長監修のもと、琉球料理伝承人認定資格を有する副総料理長・三澤陽一氏が腕を振るい、琉球王朝時代、冊封使を盛大にもてなしていた当時の宴をイメージした琉球料理を用意。また、料理と共に、その料理に合う泡盛を泡盛マイスターが厳選して提供する。

食事中は、少女を中心に構成された舞踊集団「舞踊集団 花やから」、琉球古典音楽・島うた界における斬新な歌者・よなは徹によるパフォーマンスも楽しめる。

この機会に歴史的に重要な場所であった三重城のことをしっかりと学習しよう。

「三重城(みーぐすく)の夕べ」
2021年11月22日(月)、11月23日(火・祝) 17:00開場 1人11,000円(税込) 沖縄・那覇市「ロワジールホテル 那覇」にて開催

【スケジュール】
17:10~17:50 歓迎セレモニー
18:00~19:30 食事
19:40〜20:40 歴史演劇「1719~龍球の記憶~」

【予約】
電話:098-869-4000(平日9:00〜17:00、ロワジールホテル 那覇 手配グループ)
ウェブでの予約:https://www.loisir-naha.com/event/miigusuku2021.html