ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールズ紹介(イベント) > 子供たちのための仕事体験イベント「Out of KidZania in おきなわ」が開催

子供たちのための仕事体験イベント「Out of KidZania in おきなわ」が開催

2021年11月13日

沖縄・沖縄市の沖縄アリーナでは、12月11日(土)、12月12日(日)の2日間、イベント「Out of KidZania in おきなわ」が開催される。入場は予約制で、現在、抽選予約を受付中(受付締め切りは11月15日(月)23:59まで)。

「キッザニア」は3歳から15歳までの子供を対象に、約100種類の仕事やサービスの中から子供たちが好きな仕事にチャレンジし、楽しみながら社会の仕組みを学ぶことができる「こどもが主役の街」。「Out of KidZania」は「キッザニア」を運営するKCJ GROUP株式会社が監修している。

「Out of KidZania」は、子供向け職業・社会体験施設「キッザニア」の街を飛び出し、子供たちにもっとリアルな体験をしてもらいたいという思いから誕生したプログラム。子供たちが実際の仕事現場で、そこで働く人と直接関わる中で、仕事そのものへの興味を持ち、関心を広げ、仕事や社会について幅広く“気づく”ことを目的として日本全国で開催されている。

「Out of KidZania in おきなわ」では、アリーナ内にブースを設ける「通信」「医療・福祉」「マスメディア」のほか、多種多様な仕事や、現地体験できる「飼育係」「ゆいレール」の仕事など、合計29種類のプログラムを用意。子供たちはその中から好きな仕事、やってみたい仕事を自分で選んで体験することができる。

ブース内では、沖縄セルラー株式会社による「電波サポーターの仕事」、沖縄トヨタ自動車株式会社による「自動車整備士の仕事」、日本トランスオーシャン航空株式会社による「パイロットの仕事」、沖縄県警察による「警察に仕事」、沖縄の民放局3局による「ニュースキャスターの仕事」、琉球新報・沖縄タイムスによる「新聞記者の仕事」、沖縄市消防本部による「消防士の仕事」などが体験可能。

ほか、沖縄こどもの国による「動物園飼育係の仕事」(沖縄こどもの国にて)、沖縄都市モノレール株式会社による「ゆいレール運転士の仕事」、「ゆいレール駅務係の仕事」(共に沖縄都市モノレールてだこ浦西駅にて)など現地体験メニューも用意される。

子供たちはイベント内で仕事をしたら、その“報酬”として、イベント専用通貨「ちゅら」を入手。「ちゅら」はイベント当日に限り、沖縄アリーナまたは現地プログラム開催場所の指定ショップで使うことができる。

沖縄県内だけでも多種多様な仕事があることを子供たちに知ってもらういい機会になりそうだ。

「Out of KidZania in おきなわ」
2021年12月11日(土)、12月12日(日) 10:00〜18:00 500円/1プログラム(別途材料費がかかるプログラムあり) 沖縄・沖縄市「沖縄アリーナ」「沖縄こどもの国」、浦添市「沖縄都市モノレールてだこ浦西駅」にて開催
※参加は抽選制。抽選予約期間は10月30日(土)12:00〜11月15日(月)23:59
※先着受付ではなく、抽選販売期間内に申し込み後に抽選

「Out of KidZania in おきなわ」公式サイト
https://outofkidzania-okinawa.com/