ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールズ紹介(イベント) > 石垣島の南国リゾートでゆっくりアート鑑賞

石垣島の南国リゾートでゆっくりアート鑑賞

2021年11月19日

沖縄・石垣市のリゾート「フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ」では、11月18日から、アート企画「Fusaki ART Week 2021」を開催中。期間は、12月31日(金)まで。

「Fusaki ART Week」は、約1kmにおよぶ天然ビーチ、⽯垣島最⼤級の屋外プールエリア、バー&レストラン、吹き抜けのエントランスホールなど開放感あふれるリゾート空間を生かして、施設内各所で開催するアートイベント。

今年は2部構成で、11月18日からの第一部は「アート作品企画展」、12月中旬からの第二部は「島食材〜食のアート」をテーマに展開する。

「アート作品企画展」では国内外で活躍中のアーティスト7人の作品を施設内の各所で展示。

東京・六本木にある、“本と出会うための本屋”をコンセプトに展開、文化を喫する、入場料のある本屋「文喫」とのコラボレーション『アートとコトバ展』を実施。「文喫」のブックディレクターが、国内で活動中のアーティストによる作品に合わせて本を選び、テキストで表現していく。

内山依津花

選書とテキストは、「文喫 六本木」でコンセプトデザインや選書などを手掛ける有地和毅(あるち・かずき)氏が担当し、沖縄県立芸術大学出身の内山依津花(うちやま・いつか)、同じく沖縄県立芸術大学出身の齋悠記(さい・ゆうき)、沖縄を拠点に活動するDENPA(でんぱ)、八重山出身の七海愛(ななみ・ちか)の4アーティストが参加する。

齋悠記

DENPA

七海愛

ほか、内山による亜熱帯の自然の中でのインスタレーション「Art in the forest」、石垣島出身の池城安武(いけしろ・やすたけ)、石垣島をモチーフにした作品を発表するnanamy(ななみー)、沖縄在住のMegu Wazouski(めぐ・わぞうすき)の3人のアーティストによる廃棄木材パレットを再利用したアートペインティング 「Art in the garden」、そして、参加アーティストの作品販売も行う。

池城安武

nanamy

Megu Wazouski

12月中旬からの「島食材〜食のアート」企画は、株式会社ユーグレナのコーポレートシェフ・鳥羽周作氏による島食材を使ったオリジナルメニューを、施設内レストランやカフェにて期間限定で提供する。

石垣島ユーグレナ

石垣島ユーグレナ

南国のリゾートというゆったりとした時間の流れの中で、ゆっくりとアートを楽しもう。

「Fusaki ART Week 2021」
2021年11月18日(木)〜12月31日(金)
※アート展示は作品により11月28日(日)までの展示
※島食材〜食のアート企画は12月中旬開始予定