ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールズ紹介(イベント) > 琉球王朝時代から続いた沖縄の伝統競馬「ンマハラシー」を体験しよう

琉球王朝時代から続いた沖縄の伝統競馬「ンマハラシー」を体験しよう

2015年9月25日

main

琉球王朝時代から戦前までの約300年間、沖縄で行われていた競馬「ンマハラシー(琉球競馬)」が、10月25日(日)、沖縄・沖縄市の「沖縄こどもの国-Okinawa Zoo & Museum」にて開催される。

「ンマハラシー」は、現在の競馬とは異なり、速さだけではなく、右前脚と右後脚、左前脚と左後を交互に動かす“側対歩”という独特の走り方で、そのリズムや馬の姿勢、人と馬との呼吸など優雅さ、美しさを競う。

競技の判定は審判が行い、駆け足など4本の脚全てが地面を離れたら失格。また、全力疾走(ムルカキバイ)すると「ヤマト走り」と笑いものに。当時は宮古馬や与那国馬など、沖縄に昔から住んでいる小型の馬を用い、人も馬も思い思いの衣装で着飾り、1対1の対戦方式で行われた。

sub1

戦争前になると、軍馬として大きく、そして、強く改良されていったため、馬と人間の関係は大きく変化、ンマハラシーも1943年、那覇・首里の平良真地で行われたのを最後に途絶える。

沖縄こどもの国ではこのンマハラシーを今年5月までに計9回実施。ンマハラシーを次世代に伝えようと、子どもたちを対象にした「ンマスクール」もスタートさせた。同所は真の伝統文化復活のため、この取り組みを継続的に行いながら、観光、地域活性化、遺伝資源の保存にもつなげていくことを目標にしている。

sub2

毎年、沖縄こどもの国では年間3回開催されており、直近では10月25日のほか、2016年1月31日(日)に実施予定。伝統文化を継承する姿勢に敬意を表しながら、琉球王朝時代に思いを馳せよう。

「ンマハラシー」
2015年10月25日(日)、2016年1月31日(日) 各日13:30~ 入園料(大人500円、中高生200円、4歳~小学生100円) 沖縄・沖縄市「沖縄こどもの国-Okinawa Zoo & Museum」にて開催

【問い合わせ先】
098-933-4190(沖縄こどもの国)