ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > 「be-o」最新号で夏休みにピッタリの定番&最旬スポットを紹介

「be-o」最新号で夏休みにピッタリの定番&最旬スポットを紹介

2017年5月9日

沖縄県内の美容・ファッション情報を発信するフリーペーパー「be-o」の5月号が配布中。

表紙は、音楽ユニット・いーどぅしの三線担当としても活躍するbe-oガールのかーなー。夏らしい青を背景にした健康的な表紙が、今号の特集「Early Summer宣言! 沖縄をとことん遊び尽くす」にマッチする。

特集では、ゴールデンウィークや夏休みにピッタリの定番&最旬スポットを紹介。まずは、3月にオープンしたばかりの恩納村(おんなそん)のカジュアルフレンチレストラン「La Rochelle(ラ・ロシェル)」が登場。

“料理の鉄人”としても有名なシェフ・坂井宏行氏がオーナーを務める同店が沖縄でも開店となった。青い海を眺めながら、リーズナブルにフレンチを堪能できるとあって、女子会でも人気を集めつつある。

ほか、那覇の浮島通りにあるセレクトショップ「Ti-da Beach」、5月1日にグランドオープンしたうみそら公園のバーベキュースポット「RESORT MAGIC NAHA」などがピックアップされている。

那覇メインプレイスとのタイアップ「BIJINKA!」のテーマは、「黒と白の二面性」。各ショップのアイテムを駆使して、着る人の内面を引き出すスタイルを提案している。

ほか、女性ファッション誌「ViVi」で活躍するスタイリスト・知念美加子氏と県内クリエイターがコラボするコラム「#オシャレは自由2」では、写真家として活躍する新垣隆太氏との共作を写真で表現。

“親バカママ”編集者・Yaiの「MAMMY TIME」は、糸満市の「Detox cafe felicidad(フェリシダード)」へお出掛け。オーガニックにこだわったベジカフェで体も満足の「ローフードランチ」(1,620円)を堪能する。

そして、カメラマン・知念玲奈(0173)の「おいしいものLife」は北谷町(ちゃたんちょう)のカフェ「front man’s cafe」を、男性編集者・イケミィの「月刊オトメンズロード」は「ナチュラルジュース」をそれぞれリポート。

夏を目前に、体の内側から、そして、ファッション面でも参考にできる情報が詰まった1冊となっている。