ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > デパートリウボウに“現代の樂園”を表現したカフェ誕生

デパートリウボウに“現代の樂園”を表現したカフェ誕生

2018年10月21日

沖縄・那覇市の「デパートリウボウ」に、10月23日(火)、「樂園CAFE」がオープンする。

「樂園CAFE」は、沖縄、日本、海外から厳選した食品、コスメ、ライフスタイル雑貨などの「いいモノ」を提案するライフスタイルブランド「樂園百貨店(らくえんひゃっかてん)」の新展開として併設するカフェ。

「本質的な沖縄と、気分が上がる、楽園の沖縄」をテーマに、沖縄の木材や素材、形状を取り入れながら、テラスと店内をつなげるユニークな仕掛けなど、オリジナルの「楽園感」を演出。百貨店だからこその落ち着きと、モダンで洗練された雰囲気でつい立ち寄りたくなる空間となっている。

カフェで提供されるものは、沖縄県産、安心安全な食材を中心として、「地産地消、からだにも美しい」がコンセプト。オーガニックの南国フルーツや島野菜をたっぷりと使い、国内外の観光客も楽しめる、リゾート感たっぷりなメニューをラインナップ。カフェのメニュー開発・運営は、那覇市・浮島通りにある島野菜レストラン「浮島ガーデン」を運営する南西食堂が担当した。

朝の8時から営業し、朝食セットは、沖縄の伝統的な味「かちゅー湯」と、玄米おにぎりを提供する。

ほか、メニューは島豆腐を使ったヘルシーな「樂園ベジタコライス」、県産の和牛を使った「県産和牛の樂園バーガー」、沖縄の雑穀の食文化を継承した「沖縄雑穀の黒糖パンケーキ」「雑穀のスコーン」、乳製品・砂糖不使用でヴィーガン対応の「樂園トロピカルパフェ」、全国コーヒー焙煎チャンピオンに輝いた沖縄市の「豆ポレポレ」監修によるオリジナルブレンドコーヒーなどを予定している。

海外でも大きなムーブメントになっているヴィーガン(動物性・乳製品不使用)のメニューを積極的に取り入れ、「おいしい」だけでなく、「美と健康」「ハラルやコーシャなどの宗教対応」「アレルギー対応」「地球環境への配慮」など、あらゆる角度からピースフルなメッセージを発信するカフェが誕生する。

「樂園CAFE」
住所:沖縄県那覇市久茂地1-1-1 デパートリウボウ2階
電話:098-867-1171(代表)
営業時間:8:00~21:00(L.O.20:30)
※「樂園百貨店」は10:00~21:00
休み:1月1日
席数:94席(テラス席あり)