ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > 那覇市内の観光バス「ゆいゆい号」が空と海の玄関口を結ぶルートに変更!

那覇市内の観光バス「ゆいゆい号」が空と海の玄関口を結ぶルートに変更!

2014年8月19日

ゆいゆい号地図A4_0731-1(変換後)

沖縄・那覇市内の観光名所を巡るバス「那覇まちま〜い・ゆいゆい号」は、8月1日より、新ルートでの運行を開始。那覇空港の国内線・国外線を発着点に加えるとともに、波の上ビーチ前が追加されるなど利便性が向上している。

「那覇まちま〜い・ゆいゆい号」は、2013年の6月1日からスタートした観光のための周遊バス。大人230円、小児120円と、市内線と同料金で乗車できるほか、お得な1日乗車券(大人660円、小児330円)も販売している(那覇市内バスとゆいレールが1日乗り放題となる「バスモノパス」は大人1000円、小児500円)。1年1か月後の今年7月、乗客数は延べ10万人を突破した。

那覇空港バス停ゆいゆい号(変換後)

これまでは、那覇バスターミナルを起点に、識名園、首里城、金城町の石畳、Tギャラリア、沖縄県立博物館・美術館、国際通りなど、那覇市内の観光名所を結んでいたが、今回新ルートとして7つのポイントを追加。

追加となったのは、那覇空港の国内線、国外線ターミナル前のほか、波の上ビーチ前、西武門(にしんじょう)、パシフィックホテル前、ロワジールホテル、ネストホテル那覇前、久米郵便局前。那覇空港と、クルーズ船ターミナルに近い波の上ビーチ前を加えたことで、空と海の玄関口を抑えることができ、観光客の利便性が上がっている。

ルートマップ(ホテル配布用)(変換後)

運行は土日とも1日18便で、30分おき。車内では観光スポットを紹介するアナウンスのほか、写真で名所を紹介しているので、那覇観光の際は上手に利用したい。