ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > 移動式ティースタンド「そーばぶる」の販売場所が拡大

移動式ティースタンド「そーばぶる」の販売場所が拡大

2020年5月25日

フードトラックを使った移動式のティースタンド「そーばぶる」は、6月1日(月)から、沖縄県内のイオン及び系列店舗に出店場所を拡大する。

「そーばぶる」は、沖縄発の移動式ティースタンド。伝統的なお茶の文化を日常に、そして偶然に出会う楽しみを持ってもらうことをコンセプトに、今年4月1日にオープンした。

「そーばぶる」は「so bubble」の読みで、「気が付けば消えてしまう」「いつどこに現れるかわからない」の意味の“bubble”を入れることで、「たまに会えるから嬉しい、いつ会えても嬉しい、そんなお店になりたい」という意味が込められた。

取り扱うメニューは、抹茶やほうじ茶を中心とした日本のお茶やそれをアレンジしたティードリンク。「抹茶ラテ」「ほうじ茶ラテ」「抹茶ソーダ」「ほうじ茶ソーダ」(各500円、税込)の4種類をグランドメニューとして提供している。

「抹茶ラテ」

「ほうじ茶ラテ」

「抹茶ソーダ」

「ほうじ茶ソーダ」

抹茶は至高のアーティザングレードの抹茶をつくる、イギリス発のブランド「Matchaeologist」、ほうじ茶は日本茶と伝統産業品を扱う京都のスタンドカフェ「YUGEN」のものをそれぞれ厳選。

Matchaeologistの抹茶

YUGENのほうじ茶粉

牛乳らしいしっかりとした味わいの、沖縄・糸満市にある宮平乳業の牛乳を使い、お茶とのバランスを試行錯誤して完成した。

抹茶、ほうじ茶それぞれに合うように作った自家製のシロップでほんのり優しい甘みを加えたソーダは、新しいお茶の楽しみ方を提案している。

黄色を基調にしたポップなトラック、橋爪悠也氏によるキャラクター「ばぶるちゃん」と「そーくん」が目印の「そーばぶる」。伝統的なお茶の文化とともにおいしいお茶を楽しもう。

橋爪悠也氏によるキャラクター「ばぶるちゃん」

橋爪悠也氏によるキャラクター「そーくん」

【出店場所】
「イオン南城大里店」
住所:沖縄県南城市大里字高平高宮城原97-2)
営業時間:11:00〜17:00
※6月以降の出店日については、5月25日以降SNSまたはHPで要確認
※1週間ことに毎週月曜朝にその週1週間分の出店場所をSNSで配信

公式サイト:http://furucom-okinawa.com/
Instagram:https://www.instagram.com/sobubble_/
Twitter:https://twitter.com/sobubble_