ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > 沖縄の歴史・文化・地理の知識を問う「沖縄歴史検定」を実施

沖縄の歴史・文化・地理の知識を問う「沖縄歴史検定」を実施

2020年12月25日

沖縄歴史教育研究会が毎年実施している「沖縄歴史検定」が、2021年1月31日(日)、沖縄・豊見城市(とみぐすくし)の「沖縄空手会館」にて開催される。現在、予約を受付中。

「沖縄歴史検定」は今回で16回目。沖縄の歴史、文化、地理の問題をベースに、全50問が出され、得点に応じて、1級(王子級、100点)、1級(按司級、90点代の最高得点者)、1級(親方級、86点以上)、2級(親雲上級、70〜84点)、3級(里之子級、50〜68点)の認定を受けることができる。

受検資格の制限はなく、誰でも受検することが可能。「過去問題集」も発売されているので、傾向と対策を知ってチャレンジしてみよう。

「沖縄歴史検定」
2021年1月31日(日) 10:00〜11:00 (検定料)1,600円(税込) 沖縄・豊見城市「沖縄空手会館」にて開催

【申し込みについて】
「申し込みフォーム」、または、各書店及び公共機関に設置されている申し込み用紙を活用。もしくは、東洋企画印刷のホームページから申し込み用紙をダウンロードしてFAX、郵送、メールにて送付。電話でも可