ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > 「沖縄ハーバービューホテル」でかりゆしウエアのシェアリングサービスを実施中

「沖縄ハーバービューホテル」でかりゆしウエアのシェアリングサービスを実施中

2021年5月14日

沖縄・那覇市の「沖縄ハーバービューホテル」では、現在、シェアリングサービス「Bagasse UPCYCLE(バガスアップサイクル)」を実施中。

「Bagasse UPCYCLE」は、かりゆしウエアの楽しみ方を提案するシェアリングサービス。沖縄県を訪れ、同ホテルを利用するビジネスマン、観光客に、新しいかりゆしウエアの楽しみ方を提案していく。

サトウキビの搾りかすである「バガス」を使った衣料品を販売する浦添市の「SHIMA DENIM WORKS」とソフトウエア開発の「okicom(オキコム)」が共同で運営するサーキュラーエコノミーサービス事業に共感し、スタートした。

サービスを利用するには、同ホテルの宿泊プランを予約後、宿泊当日にフロントでかりゆしウエアを選ぶシステム。ほか、滞在中に現地でも1日単位でレンタルが可能(有料)。

縫製工場から出る残布をデザインのアクセントにした「アップサイクルかりゆし」、石垣島を拠点に活動する「イチグスクモード」とコラボした「モダンアートかりゆし」、歴史ある紅型工房「知念紅型研究所」とコラボした「琉球紅型かりゆし」などのかりゆしウエアが用意されている。

観光、ビジネスで使えるかりゆしウエアに気軽に触れてみよう。