ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > オキナワ マリオットがオリエンタルホテルとしてリブランドオープン

オキナワ マリオットがオリエンタルホテルとしてリブランドオープン

2021年7月30日

沖縄・名護市のリゾート「オキナワ マリオット リゾート & スパ」は、10月1日(金)、「オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ」としてリブランドオープン。今回のリブランドにより、「オリエンタルホテルズ&リゾーツ」として沖縄初のオリエンタルホテルとなる。

ホテルのコンセプトは「島とあそぶ 森とつながる~Love Okinawa Discover Yambaru~」。やんばるは無数の沢がいくつもの滝を経て海に流れ込み、深緑の森と紺碧の海が織り成す“奇跡の森”と呼ばれている。

「オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ」は、ゲストとやんばるの恵みを共有し、やんばるとゲストをつなげたいという思いからこのコンセプトを設定した。

アクティビティーとしては、やんばるに五感で触れる旬の体験を提供する。「SUPヨガ体験」ではその時にしか見ることができない風景、その人しか伝えることのできない自然との関わり、その場所でしか味わうことのない空気を紹介する。

「Yambaru Cook Farm」と題し、その時季の旬の野菜のおいしさを、畑に入り、自分で摘み取ってもらうことで感じられる収穫体験も。収穫した野菜はそのまま野外レストランで楽しめ、まるでやんばるの森の中で過ごすようなアトリウムラウンジで、沖縄の食材を知り尽くしたシェフによるスペシャルな料理として食すことができる。

また、「Yambaru Fishing」は釣り体験のメニュー。パヤオと呼ばれるフィッシングスポットにてマグロやシーラなど、大型魚が狙える本格的な釣り体験。道具も用意され、釣り方も海人(うみんちゅ)に丁寧に教えてもらえるため、初心者でも安心して楽しむことが可能。魚は近隣店舗で調理してもらうか、お土産として配送しよう。

ほか、ホテル出発でやんばるの森を巡り、亜熱帯特有の生きものや植物の観察、沖縄文化とともに生きるヤギに餌やりなど、やんばるならではの貴重な体験を楽しめる「バギー体験」も。

さらに、2022年初頭には客室やロビー、プールエリアの改装も予定され、ホテルコンセプトである「島とあそぶ、森とつながる」を体感する新しい空間へと生まれ変わる。やんばるの森を訪れたような開放的なアトリウムを持つロビーや、装いを新たにした丘の上の森にたたずむ沖縄県内最大級のプールが誕生する。

今回のリブランドを通して、より地域と密接に連携しながら“独自性のある滞在体験”を提供していく「オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ」。やんばるの旅の拠点がまた一つ誕生する。

「オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ」
リブランドオープン日:2021年10月1日(金)
住所:沖縄県名護市喜瀬1490-1
客室数:361室
施設構成:レストラン4店舗、ラウンジ&バー2店舗(一部季節営業)、宴会場・会議施設3室
駐車場:298台