ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > ハイアット瀬良垣で沖縄のフルーツを使った夏のスイーツを販売中

ハイアット瀬良垣で沖縄のフルーツを使った夏のスイーツを販売中

2021年8月4日

沖縄・恩納村(おんなそん)のリゾート「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」では、現在、夏の沖縄を彩るさまざまなフルーツを使った「2021年夏の沖縄スイーツ」を販売している。

今回販売しているのは、沖縄県産の素材を使った8種類の“沖縄スイーツ”。それぞれのスイーツには、パティシエ自らが農家を訪れ、こだわりをもって厳選した素材を使用している。

「マンゴーショート」(700円)は、その名の通り、マンゴーを使ったショートケーキ。金武町(きんちょう)の農家・仲間賢一郎氏が丹精込めて育てたアップルマンゴーと、ふんわり食感にこだわったスポンジに甘さ控えめのクレーム・シャンティを組み合わせた見た目にも美しい一品に仕上がっている。

マンゴーショート

夏に旬を迎える沖縄県産アルフォンソマンゴーピューレを使った「マンゴープリン」(600円)は風味豊かなスイーツ。プリンの中にはココナッツソースを忍ばせ、上にデコレートされているマンゴーとソースには金武町産のアップルマンゴーを使用している。

マンゴープリン

「パイナップルのムースリーヌ」(650円)はパイナップルとバター風味のクリーム(ムースリーヌ)を組み合わせた一品。使用するパイナップルは香りや甘さが格段に良く、甘酸っぱく味わい深い沖縄県産にこだわった。


パイナップルのムースリーヌ

そして、恩納村で採れたまろやかさの中にも濃厚な味わいが特徴のはちみつを少し焦がし、クリームに混ぜ合わせシューに詰めた「恩納はちみつシュー(400円)も登場。トッピングの生クリームにもはちみつを加え、はちみつの存在感がより一層際立つ一品になっている。

恩納はちみつシュー

「ベリームーンとバジルのタルト」(450円)は、読谷村で収穫されるブランドのイチゴ“ベリームーン”とアメリカンチェリーのコンポートを敷き詰め、その上に触感のアクセントとなるクランブルをのせて焼いたベイクドタルト。

ベリームーンとバジルのタルト

「桃のヴェリーヌ」(500円)はグラスに盛り付けたグラススイーツで、見た目にも涼やかな一品。パンナコッタの上にフレッシュな桃をのせ、沖縄県産の茶葉のバーベナブレンドティー(ハーブ)のゼリーでさっぱりとした味わいに仕上げた。

桃のヴェリーヌ

沖縄料理でもなじみの深いジーマーミ豆腐の原料であるピーナッツをアレンジした「ジーマーミショコラ」(500円)も誕生。ピーナッツにナッツとショコラを加えてビターな味わいと歯応えのある食感を加えた。

ジーマーミショコラ

「フルーツサンド マンゴー・島バナナ」(700円)は、金武町産の完熟マンゴーと歯応えのある島バナナをサンドしたスイーツ。クリームにはシークヮーサーの酸味をエッセンスに加え、今が旬のフルーツの甘さにさっぱりとしたクリームが絶妙なハーモニーを奏でている。

フルーツサンド マンゴー・島バナナ

リゾートホテルで、沖縄らしさをまとったスイーツを思う存分堪能しよう。

「2021年夏の沖縄スイーツ」
2021年8月1日(木)〜 11:00~21:00 沖縄・恩納村「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」内「ザ・アイランド1階マーケット」にて販売
※一部のスイーツはフルーツの収穫終了に伴い、8月中には販売を終了予定