ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > JO1の與那城奨がナレーションを担当した沖縄伝統芸能の多言語動画が配信中

JO1の與那城奨がナレーションを担当した沖縄伝統芸能の多言語動画が配信中

2021年8月24日

沖縄・浦添市の「国立劇場おきなわ」は、このたび、沖縄伝統芸能の多言語PR動画「Traditional Okinawan Performing Arts from National Theatre Okinawa」を制作・公開した。

「Traditional Okinawan Performing Arts from National Theatre Okinawa」は、沖縄伝統芸能のブランディングの強化と、伝統芸能を目的とするインバウンドの拡充を図るために実施された、日本博主催・共催型プロジェクトの一環。「琉球王朝の美~沖縄伝統芸能、その継承と発信~」の個別プロジェクトの一つとして制作された。

組踊は、唱え、音楽、踊りによって構成される歌舞劇。中国から琉球王国の新しい国王を任命するためにやって来る中国皇帝の使者・冊封使を歓待するため、18世紀初頭の踊奉行であった玉城朝薫によって創始され、1719年の尚敬王の冊封儀礼の際に「二童敵討」と「執心鐘入」が初めて演じられた。

また、琉球舞踊は大きく「古典舞踊」「雑踊」「創作舞踊」に分類され、「古典舞踊」は、琉球王国時代に中国からの使者(冊封使)を歓待する舞台で踊られたことを機に発展し、18世紀に大成した。「雑踊」は、1879年以降に登場し、庶民の音楽や風俗を取り入れて人気を博した。「創作舞踊」は現代の踊り手によって作られたもので、優れた作品が相次いで生まれている。

映像に出演するのは、琉球舞踊や組踊の舞台で活躍している中堅・若手実演家たち。英語ナレーションは、グローバルボーイズグループJO1のリーダーで、沖縄県出身の與那城奨が担当している。ナレーションは英語で、字幕は英語・日本語併記、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語が用意された。

青い海や歴史を感じる城跡、琉球舞踊と組踊、そして国立劇場おきなわの舞台映像が、世界に向けて発信される。

「Traditional Okinawan Performing Arts from National Theatre Okinawa」

国立劇場おきなわ公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UClnv3rmMdekvyRJtDD8uJPA
動画URL
英語・日本語併記
https://youtu.be/e_-mimOtT9s
中国語(簡体字)
https://youtu.be/JlFS-XSzpHM
中国語(繁体字)
https://youtu.be/_5VRdb_j_rk
韓国語
https://youtu.be/-_fbxAgydcM