ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > 【糸満市特集2】沖縄県本島最南端のまち糸満で「食べる」「見る」「体験する」

【糸満市特集2】沖縄県本島最南端のまち糸満で「食べる」「見る」「体験する」

2022年1月17日

沖縄本島最南端に位置し、古くからの習わしを受け継ぐ「海人(うみんちゅ)」の町としても知られる糸満市。

「糸満ハーレー」や「大綱引」などの伝統を大切にする糸満ならではのあたたかい人情が昔から今に至るまで町を支え、活気を生み出し続けている。市内には、マリンアクティビティーで美しい海を体感できるスポットや、琉球ガラス作りや自然を生かしたさまざまな体験、絶品グルメまで、ローカルな沖縄旅が楽しめるコンテンツが満載。

今回は、そんな糸満市の魅力を「体験」「自然」「グルメ」「スポット」の4項目に分けてご紹介。2回目は「体験」にスポットを当てる。

【体験】
糸満市には、ここでしかできない体験も盛りだくさん。沖縄の自然を専用のバギーで豪快に巡るツアーや、琉球ガラスの制作体験、新鮮な海ぶどうの摘み取り体験など、個性豊かな沖縄体験を堪能しよう。

琉球ガラス村

【吹きガラス体験】
琉球ガラス村は、4,500坪の敷地に10のアトラクションがそろう体験型クラフトパーク。職人と一緒に自分だけの琉球ガラスを作れるほか、ショップやカフェなど魅力が満載。雨の日にもオススメ。

琉球ガラス村

【ジャングルバギーツアー】
どきどきガジュマルンチャーでは、ガジュマルが生い茂るジャングルの中を4輪バギーで駆け抜け、緑豊かな大自然を五感で感じられる体験アトラクション。初心者でも安心して参加できるので、沖縄の自然豊かな森を堪能してみては。

どきどきガジュマルンチャー

【琉球紅型色差し】
ひめゆりの塔に隣接する「琉球の館」では、沖縄の伝統工芸体験をはじめ、買い物や食事も楽しめる。旅の思い出に紅型染やミンサー織、シーサーなどのオリジナル作品を作ってみよう。

琉球の館

【海ぶどう摘み取り体験】
〜海ん道(うみんち)〜は、沖縄を見て、体験して味わってなどワクワクがギュッと詰まった複合体験施設。人気の海ぶどう摘み取り体験では、プチプチの海ぶどうを使ったデザートの試食もできる。

〜海ん道(うみんち)〜

ガイドブックの表紙

もっと糸満市のことが知りたい方は、糸満市観光ガイドブック(TakeFree)に情報がたくさん掲載されているので、糸満市観光の際には、ぜひ参考にしよう。

配布場所/糸満市観光協会
沖縄県糸満市西崎町4-20-4(道の駅いとまん情報館)/098-840-3100