ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > 世界遺産・座喜味城跡の「御城印」が発売

世界遺産・座喜味城跡の「御城印」が発売

2022年3月19日

沖縄・読谷村(よみたんそん)の世界遺産・座喜味城(ざちみぐしく)近くにある「世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム」にて、3月13日から、座喜味城跡の「御城印」が販売中。

座喜味城跡は標高約120mの丘陵に立地しており、2つの廓(くるわ)から構成され、上空から見ると城壁は重厚で、曲線状となっている。15世紀初頭、築城の名人といわれた読谷山按司・護佐丸(ごさまる)によって築かれたといわれている。2000年に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の9資産の一つとして世界遺産に登録された。

御城印(ごじょういん)は、現在、歴女や城ガール、最近のお城ブームに伴い、全国各地で話題になっており、神社や寺院の御朱印のように、旅の記念として集める人が増えている。

読谷村観光協会は、座喜味城跡をより多くの人に知ってもらい、隣接する「ユンタンザミュージアム」で歴史文化に触れる観光を楽しんでもらうため、座喜味城跡の御城印を制作した。

昨年、御城印の筆耕とデザインを募集し、力強さが感じられる書と、座喜味城跡らしい曲線美、石積みの美しさを色鮮やかにイメージしたデザインが選ばれた。紙は、沖縄に群生する植物・月桃の葉から作られる月桃紙を使用している。

「ユンタンザミュージアム」にて、A6はがきサイズで1枚500円(税込)で販売。今後は御城印帳(3,000円、税込)の販売も予定している。

発売を記念して、4月10日(日)まで、「応募作品展示会」も実施中。座喜味城跡の登城記念として、御城印を手に取ってみよう。

「座喜味城跡御城印」
発売中 500円(税込) 沖縄・読谷村「世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム」にて発売中
※御城印帳は3,000円(税込)

【問い合わせ】
御城印に関して:読谷村観光協会(電話:098-958-6494)
販売時間などに関して:読谷村文化振興課(電話:098-958-3141)

【関連イベント】
「応募作品展示会」
2022年3月13日(日)~2022年4月10日(日) 沖縄・読谷村「世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム」2階「企画準備室」にて開催

「世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム」
住所:沖縄県中頭郡読谷村座喜味708-6
電話:098-958-3141
開館時間:9:00~18:00(入館は〜17:30)
休館日:水曜日、年末年始 (12月28日~翌年の1月4日)、展示替え及び燻蒸などの臨時休館日
※水曜日が祝祭日のときは翌日休館