ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > 笑福亭鶴瓶と高橋英樹が沖縄・今帰仁村で触れ合い旅を満喫!

笑福亭鶴瓶と高橋英樹が沖縄・今帰仁村で触れ合い旅を満喫!

2013年4月10日

S03-001(変換後)S01-001(変換後)

笑福亭鶴瓶とゲストが日本全国の地域を訪れて、その土地の人々と触れ合いながら旅をするバラエティー「鶴瓶の家族に乾杯」。その4月15日(月)、4月22日(月)の2週にわたり、鶴瓶と高橋英樹による沖縄・今帰仁村(なきじんそん)の旅をオンエアする。

15日の放送は、前編。高橋は、2009年11月の岡山県高梁市、2011年11月の愛媛県大洲市に続いて、今回が3回目の出演となる。高橋は城と石垣が大好きで、過去2回の旅も城下町を選んだ。今回の出演では、これまでプライベートでも訪ねたことがないという、沖縄の城を堪能してみたいと思っていたそう。そこで、沖縄を代表する城跡であり、世界遺産にも登録されている「今帰仁城」がある、沖縄・今帰仁村を旅の行き先に選んだ。

まず、鶴瓶と高橋は、往時をしのぶ石垣が残る、今帰仁城で待ち合わせ。石垣に興奮して写真を撮る高橋の若々しい動きに、鶴瓶は思わず感嘆の声を上げる。石垣の下へ向かい、高橋が「この城をどう攻めたら良いのか」と、あたかも戦国武将のように語っているところに、山形から来たという年配の観光客の集団が。アッという間に取り囲まれ、「自分たちが攻められてしまった」とぼやく。

その後、2人は麓で古くから栄えてきたという今泊(いまどまり)の集落を目指す。そこで、陽気なおばあさんと楽しい縁側トークを展開する。

S02-001(変換後)S04-001(変換後)

そして、ひとり旅となり、高橋は沖縄の伝統楽器・三線(さんしん)を弾ける人を探したいといい、高橋の大ファンだという女性の案内で長老たちを次々と訪ね歩く。高橋は陽気で明るい人たちに出会い、三線の演奏に合わせて踊り、楽しいひとときを過ごす。

一方、鶴瓶は、古宇利島へ。そこで、島唯一の商店を訪ねると、店主の夫婦はすぐに鶴瓶と気づく。

 

「鶴瓶の家族に乾杯」
毎週月曜 20:00~20:43 NHK総合で放送中
※高橋英樹の沖縄・今帰仁村の旅は4月15日(月)、4月22日(月)に放送