ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > 宮古島の雪塩をぜいたくに使ったポテトチップスが全国発売!

宮古島の雪塩をぜいたくに使ったポテトチップスが全国発売!

2013年4月26日

main(変換後)

株式会社湖池屋は、沖縄・宮古島の特産品である“雪塩”を使った新商品「コイケヤポテトチップス 塩とこしょう」を、6月3日(月)から、全国で発売する。

宮古島の「雪塩」は、沖縄・宮古島の地下海水100%を原料とした、パウダー状の塩のこと。ミネラル分を多く含み、世界の消費商品を総合的に評価する「モンドセレクション」で3年連続(2006、2007、2008年)金賞に輝いた世界的ブランド。雪塩は、沖縄名物のちんすこうなどにも使われており、天ぷらや揚げ物のつけ塩としてもおいしさを発揮する。

今回、「コイケヤポテトチップス 塩とこしょう」では、宮古島から届く涼しげなネーミングの雪塩のまろやかな味わいに、黒こしょうの華やかな香りとピリッとした刺激を加えた。これから気温の上がる夏場に向けて、飲み物との相性も良い、さっぱりとした味わいに仕上がった。

この夏は、オリオンビール片手に雪塩のポテトチップスなんていう、沖縄フリークが現れそうだ。

※「雪塩」は株式会社パラダイスプランの登録商標

 

「コイケヤポテトチップス 塩とこしょう」
2013年6月3日(月)発売 内容量:55g オープン価格