ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > ほのかな酸味が乳製品との相性抜群!銀座コージーコーナーが沖縄・宮古島の雪塩を使った新商品を発売

ほのかな酸味が乳製品との相性抜群!銀座コージーコーナーが沖縄・宮古島の雪塩を使った新商品を発売

2013年6月13日

ジャンボシュークリーム(夏チョコ)

スイーツの人気店・銀座コージーコーナーは、6月21日(金)より、沖縄・宮古島の特産品・雪塩を使った商品5品を期間限定で販売する。期間は8月29日(木)まで。

宮古島の雪塩は、通常の製塩法では除去される“にがり”成分が含まれているのが特徴。海水中の成分をできるだけ残すことにこだわり、まろやかな味わいとなっている。後味に軽い酸味があるので、生クリームなどの乳製品と相性が良く、素材の味を引き立ててくれる。これまでにも、沖縄の銘菓・ちんすこう、キャンディーのほか、シャンプーなどにも利用されている。

今回発売されるのは、「ジャンボシュークリーム(夏チョコ)」(115円)、「クレープ(夏チョコ)」(115円)、「夏の生クリームシュー」(120円)、「夏のレアチーズ」(350円)、「夏のチョコレートケーキ」(350円)の5種類。

クレープ(夏チョコ)夏の生クリームシュー

「ジャンボシュークリーム(夏チョコ)」は、ふんわり香ばしく焼き上げたシュー皮に、雪塩を隠し味に使ったチョコカスタードがたっぷりと詰められている。

「クレープ(夏チョコ)」は、雪塩を使ったチョコカスタードを、チョコ生クリームをほんのりビターなココアクレープで巻き上げた。

「夏の生クリームシュー」は、雪塩が入った生クリームを、さくさくした香ばしいシュー皮に詰めた一品。

「夏のレアチーズ」は、雪塩を隠し味に使ったタルトクラム、ラズベリージャム、ホワイトチョコガナッシュを、さわやかな酸味となめらかな口当たりのチーズムースで覆った夏仕様のケーキ。

「夏のチョコレートケーキ」は、ほんのりビターなココアスポンジの間に、チョコガナッシュと雪塩を使ったアーモンドプラリネチョコクランチをはさんだ。チョコチップとナッツ、ホワイトチョコ生クリームの軽やかな甘みがアクセントになっている。

夏のレアチーズ夏のチョコレートケーキ

株式会社銀座コージーコーナーの広報担当者は「雪塩は乳製品と相性が良く、とがりのないまろやかな塩味が素材のおいしさを引き立ててくれます。今回は、人気の定番スイーツに雪塩を使用し、コクがありながら後味はさっぱりとお召し上がりいただける、夏にぴったりの味わいに仕上げました。塩スイーツ好きの方はもちろん、まだ塩スイーツは食べたことがない…という方にもぜひご賞味いただきたい、自信作です!」と、コメントしている。

夏はミネラルが不足しがちな時期。ミネラルたっぷりの雪塩が使われたスイーツで、おいしくミネラル補給をしてみよう。

※工場が関東地区(埼玉、神奈川)にしかない関係上、冷凍商品のため、配送の西端は岡山・倉敷まで。沖縄県内での販売はなく、通信販売も不可