ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールニュース(ニュース) > 「1分1秒でも長い沖縄の旅」を可能にするギャラクシーフライトが今夏も運航

「1分1秒でも長い沖縄の旅」を可能にするギャラクシーフライトが今夏も運航

2016年6月12日

a

全日空(ANA)は、7月15日(金)から、夏休み期間限定で、今年も、羽田-那覇線の深夜便「ANAギャラクシーフライト」を実施することを発表した。期間は、8月31日(水)まで。

羽田-那覇線は現在1日12往復の便を、1日13便に増便。そのうちの1往復が「ANAギャラクシーフライト」となる。

ANAは、沖縄貨物ハブ戦略の一環として、国内とアジアの貨物ハブ空港である羽田-沖縄間の貨物の高速輸送を目的とし、2012年7月から旅客機による貨物便(ベリー便[旅客機の床下貨物スペースを活用して貨物の搭載・運送を行う貨物便])として、羽田-沖縄線を深夜時間帯に運航している。

昨年から、24時間空港である那覇空港の特性を最大活用して、沖縄貨物ハブ事業とのシナジー効果を発揮するべく、ベリー便を夏休み期間限定で、一般客も利用できるように。その利用率が高く、今年も実施することになった。

昨年と同様にプレミアムクラスを設定するほか、座席指定まで済ませていれば搭乗手続きが不要になるスキップサービスや空港自動機も利用できる。

この便は羽田を22:55に出発、また、那覇から朝5:50に帰着するため、昼間時間帯に運航する国内線・国際線との乗り継ぎも便利になる。「旅割75」を利用すると、最安値で8,200円から購入できるのも嬉しい。

さらに、今年も、ANAギャラクシーフライトを利用したツアー「ANAギャラクシーフライトで行く!真夏の沖縄 3・4・5日間」も用意。

「1分1秒でも沖縄の旅行を長く楽しみたい!」という声に応えるサービスが今年もスタートする。

「ANAギャラクシーフライト」のダイヤ
999便 22:55羽田発、25:40那覇着
1000便 27:30那覇発、29:50羽田着
※999便は日曜日発、1000便は月曜日発をのぞく週6日運航
※沖縄発は7月16日(土)から、東京発は8月30日(火)までの運航
※深夜運航となるため、ラウンジの利用や搭乗手続きの一部サービスが利用不可

「ANAギャラクシーフライト」公式サイト