ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールスタイル(旅行商品) > 竹富島の心地良い“島風”を体感するステイプラン

竹富島の心地良い“島風”を体感するステイプラン

2021年5月9日

見晴台での朝食

沖縄・竹富島のリゾート「星のや竹富島」は、6月1日(火)から、「柔風(やふぁかじ) なごみ滞在」プランを販売する。期間は、8月31日(火)まで。

「柔風 なごみ滞在」は、暮らすように滞在し、島に吹く心地良い風を体感する宿泊プラン。

竹富島は高い建物がないため、海からの風が島全体に吹き渡り、島民は風を頼りに季節の変化を知り、暮らしの知恵として大切にしている。

伝統建築を踏襲した客室をはじめ、風の通る場所での食事や、木造帆船「サバニ」 の操船で、島の心地よい風に癒やされる滞在となっている。

部屋に用意する夕食は、氷で冷やして食べる島鍋。豚肉や島豆腐、季節の野菜などがたっぷり入った鍋を、“命草(ぬちぐさ)氷”でさっぱりと食べることができる。一方、メインダイニングでは、ディナーコースを堪能することが可能。

その夕食前には、島の植物が育つ畑の中にある東屋では、夕暮れ時の風を感じながら過ごすことができる。食前酒としては、赤しそを使った程良い酸味がアクセントとなったドリンクを用意した。

そして、朝食は、敷地内の「見晴台」で、海から通り抜ける風を感じながら食べる、沖縄らしい紅芋や車エビなどが使われた軽食。施設全景を見渡しながら、朝の陽の光と海からの風を浴び、1日の始まりを爽やかに過ごそう。

日中は、琉球の伝統的な木造帆船・サバニに乗って海に吹く風を感じるアクティビティーを。時々、漕ぐことを止めて、海の上でサバニに揺られながらゆっくりと過ごすのもおすすめ。

竹富島の風を体全体で感じながら“竹富島の時間”を楽しもう。

「柔風なごみ滞在」
2021年6月1日(火)~8月31日(火) 1人41,000円(税金・サービス料・宿泊料別)
※除外日:8月7日(土)~8月16日(月)
※料金に含まれるもの:東屋での食前酒1回、夕食2回、見晴台での朝食1回、サバニ体験、柔風くつろぎセット(クバの団扇、月桃のお香、珊瑚風鈴、チェアモック、月桃のゴザ)
※定員:1組(1~3人)

【予約】
https://hoshinoya.com/taketomijima/https://hoshinoya.com/taketomijima/
(公式サイトから14日前までに要予約)

【スケジュール例】
<1日目>
15:00 チェックイン
18:00 東屋での食前酒
19:00 メインダイニングでの夕食「琉球ヌーヴェル」
21:00 てぃんぬ深呼吸

<2日目>
6:30 よんなー深呼吸
8:00 朝食(別料金)
10:00 サバニ体験
12:00 昼食(別料金)
14:00 客室での寛ぎ時間
18:00 客室での夕食「島鍋」

<3日目>
8:00 見晴台での朝食
12:00 チェックアウト