ページのトップへ戻る

沖縄|島ガールトップページへ

那覇で海産物のフードツーリズムを!
広告

Top > 沖縄島ガールスタイル(旅行商品) > 沖縄の食文化を体験する「スーパーマーケットレンジャー」を実施中

沖縄の食文化を体験する「スーパーマーケットレンジャー」を実施中

2021年11月8日

沖縄・那覇市のホテル「OMO5(おもふぁいぶ)沖縄那覇 by 星野リゾート」では、通年のアクティビティーメニューとして、沖縄の食文化を体験する「スーパーマーケットレンジャー」を実施中。

「OMO」は、星野リゾートが運営する都市観光ホテルブランド。「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル」をコンセプトに、都市観光客に向けて、街をディープに楽しむサービスとお茶目な仕掛けが用意されたホテルステイを提案している。

2018年に誕生し、同年4月に「OMO7旭川」(北海道・旭川市)、同年5月に「OMO5東京大塚(東京都・豊島区)」を開業。2021年には京都府京都市の2施設に続き、5施設目として那覇市に「OMO5沖縄那覇」が誕生した。

それぞれのOMO施設には、「街の平和を愛し、旅人のテンションを上げることを使命とした街のヒーロー」というコンセプトで、ガイド役の「OMOレンジャー」を配置。旅行者の時と場所を共にする仲間の一人として、気さくかつ、親身にご近所の旅をサポートする。

「スーパーマーケットレンジャー」は、ディープな食材が所狭しと並ぶ、地元で親しまれているスーパーマーケットを、そのOMOレンジャーが案内する旅行商品。

買い物での商品選びをワクワクさせるサポートツールとして、沖縄の食文化を知り尽くしたOMOレンジャーが、独自の見解で作成した「適性診断」を用意。参加者全員に提供される本ツアーの限定品・OMO5沖縄那覇のロゴ入りオリジナルエコバッグを片手に、沖縄の食卓が垣間見え、食文化を体験するように買い物が楽しめるツアーに繰り出す。

目的地のご当地スーパーマーケットは那覇市の「フレッシュプラザユニオン前島店」。お酒のコーナーには多くの泡盛が、肉のコーナーには県民が古くから食してきた、さまざまな部位の豚肉が並ぶ。

沖縄ならではの食材やレシピ、知らないと見逃してしまうような商品をOMOレンジャーが独自の切り口で紹介。沖縄そばの出汁を使わない食べ方や、沖縄のスーパーマーケットだからこそ手に入る「生もずく」を使ったレシピ、山積みになって販売されているツナ缶の秘密などを知ることで、独自の食文化を学ぶことができる。

「沖縄には何度も行っている」という通の人にもおすすめのツアーが誕生した。

「スーパーマーケットレンジャー」
2021年11月1日(月)~通年 8:45~10:00 1人1,000円(税込) 沖縄・那覇市「OMO5沖縄那覇 by 星野リゾート」にて開催
※定員4人(最少催行人数1人)
※同ホテル宿泊者限定
※天候や店舗の営業状況により中止になる場合あり

【料金に含まれるもの】
OMOレンジャーのガイド、オリジナルエコバッグ

【予約】
OMO5沖縄那覇公式サイトで前日22:00までに要予約

「OMO5沖縄那覇 by 星野リゾート」
住所:沖縄県那覇市松山1丁目3番16号
電話:0570-073-022(星野リゾート予約センター)
客室数:190室
チェックイン:15:00
チェックアウト:11:00
料金:1泊8,000円~(2 人1室利用時1人あたり、税込、食事別)
アクセス:ゆいレール「県庁前駅」から徒歩6分、「美栄橋駅」から徒歩8分、那覇空港から車で約8分(国道58号線沿い)